【新ブログCuriousBoxスタート!

2014年8月23日土曜日

電子工作したことなくても作れる!変化が明確でおもしろいバランス化ポタアン「僕クロ アンプ」 作ってみた。


感動。

僕クロアンプというのは、このアンプの正式名称?「僕はクロストークが少ない」の略称です。

前書いてた記事に色々書き足しました。



まず作ろうと思った経緯ですが、毎度毎度出てきますが色々と参考にさせてもらっているこちらのブログ

最小構成のバランスヘッドホンアンプ


で、これなら行けそうだという思いと、効果を確かめたいという好奇心で作ってみることに。


■このポタアンは何が良いのか?


何がどう良くなるのかは上記ブログを読めばよーく分かりますが、もうちょっと噛み砕いて書いておきます。
(ココ書き換えたほうがいいよってのあったらそっと教えて下さい。)

イヤホンのプラグを見てみると、信号が通るところが3つに分かれていると思います。



イヤホンは左右のスピーカー。右と左のそれぞれににプラスとマイナスがあり本来なら4つあるはずですよね?
それのマイナスを1つに束ねて3つ(3極)としているのが一般的です。

プラグをジャックへ接続する時、接触部分で抵抗を持つのですが、この場合左右のマイナスが繋がっているため、右の音が左へ。左の音が右へ漏れてしまいます。

この時流れる信号の向きが逆向き・逆相になっています。

この逆相でもう一方に漏れちゃうことを逆相のクロストークと言ったりします。

これにより音がボヤケたり分離感が悪くなったり、不自然な広がりが出たりしています。

そこで、プレーヤーの出力をハイインピーダンスで受けクロストークを回避した上で左右混ざらないようにバランス出力したものがこちら。

もちろん、イヤホンのプラグの変更もしなければなりません。
→こうすることで普通のiPhoneやDAPに繋いで使えなくなるので注意です←




これを踏まえて色々検索すると理解が深まるはずです。


■作る



プリント基板でさえ半田付けしたことないのに、いきなりユニバーサル基板行けるのかと不安を持ちつつもまぁ行けるだろう・・・。
あ、プリント基板は中学校の技術でやったような。。。





先ほどのブログに書かれていたパーツを秋月電子の通販で揃えました。



バランス接続は、お手持ちのバランスケーブルに合わせて。

私の場合は3.5mm 4極プラグを上から(左+ 右+ 左- 右-)のピンアサインで使用します。

ジャックは、マルツパーツの 3.5mm 4極ジャック(MHJ-064H)です。

3.5mm 4極プラグを採用した理由は、
・DX90だと上記ピンアサインの場合4極でもそのまま使用可能であること(この時はもちろんアンバランス接続
・AK採用の2.5mm 4極プラグは強度上の不安
・コンパクト

からです。


大抵のイヤホンは内部が4芯(内部ケーブルがプラグのところまで4本)になっていますので





こんな要領で簡単に変えることが可能です。別途リケーブルを制作・購入もアリですね。


例えばAK240用バランスケーブルを使いたければ2.5mm 4極ジャックを用いればいいだけって話です。


普通にiPhone等で使いたければ変換ケーブルも作っておきましょう!マイナスの2つを束ねればOK



準備した工具類はコチラから。



前記ブログに書かれている「基板パターン」のところを見ながら頑張って作ります。

ユニバーサル基板の配線の仕方については、ココを超参考にしました。


※現在では、プリント基板が頒布されていて購入可能なので、無理してユニバーサル基板使わくても良いです。



デデン!完成!

回路図とかはよく分からず、電子工作したことなくても一応作ることは出来ました。
パーツ少ないですしね。

基板パターンの画像通りにハンダ付けすると、白黒ケーブル側が右 青黄ケーブルの方が左になります。



実際つなぐとこんな感じ。やった。音出たよウレシイ。

DX90は可変ラインアウトなのでアンプ音量固定でも DX90で音量調節できるのがいいです。


■聴いた感想


客観的な分析・技術的なこと等は参考にしたブログに詳しく書かれてますのでそちらを。


1音1音の音の輪郭がクッキリハッキリ聞こえます。こうピシッピシッと、。セパレーションがヤバイ。
解像度が上がったといえば分かりやすいかもしれません。


擬似バランスケーブルも同じような変化があったのですが、更に更に更に上を行っています。

こう、ボヤケて良く聴けてなかった1音がクッキリと現れます。

ハイエンドオーディオとして製品売り出すならバランス接続必須じゃないか!!アンバラとはなんだったんだ・・・・どんどんバランス接続普及して欲しいと思わせてくれる体験をさせてくれました。

ダイナミック型より、BA型のほうが変化は分かりやすい印象です。

バランスはプラグの規格がグチャグチャなのをどうにかして欲しいですが



こいつかなり気に入ったので通常使用することにしました。


ALTOIDSミントサイズ缶
ALTOIDSミントサイズ缶
posted with amazlet at 14.07.06
スイッチサイエンス
売り上げランキング: 16,443


追加でスイッチ等をつけて、現在注文中のこれをケースにしたいと思います。

自分好みのステッカーとか貼れば良さげです。





音の好みはあれど、根本的なところの底上げを目指したのがコレでしょうか。

自作する気合さえあれば、そんなに費用もかからず劇的変化と満足感を味わせてくれるバランスポタアン。是非試してみるべきです。



ではではノシ



ケースに入れてみたよ→http://tmt481.blogspot.jp/2014/07/PHPA-balance-potaan.html


goot 電子工作用はんだこてセット X-2000E
太洋電機産業
売り上げランキング: 220







0 件のコメント :

コメントを投稿